【感想】【天才を殺す凡人】多数決の刃で天才は滅ぶ!?

投稿日:

あー、自分が天才だったらなぁー

って思ったことないですか?

私はあります!

  

しかし、この本いわく、

誰しもが天才、秀才、凡人の才能をもっている

 

さて、今回は

【天才を殺す凡人】を、読んでみた率直な感想を書いて行きたいと思います!

  

天才を殺す凡人

なかなかインパクトのあるタイトル!

元々はブログで、その記事を書籍にしたみたいですね。

下にリンク貼ります

元のブログ

  

私は好きです、尖った名前のタイトル!

ここ最近で読んだ本のタイトルの中で、

タイトルだけ見れば一番好きです!

  

有名な本なのか?

部数でいうとかなり売れているみたいで、

10万は軽く越えていますね!

 

有名なYouTuberの方も題材に取り上げたり、

おすすめしているので

定評があると言っても差し支え無いでしょう!

  

個人的感想

  

結論、面白いです!

   

勝手な想像で、もっと堅苦しいビジネス書を想像していましたが、

本を開いてみると、構成は物語形式

思ったよりもすらすら読めます!

  

残り四分の一ぐらいになると物語が終わり解説とブログの感想になるので

見た目よりボリュームは少なめ。

   

毎朝15分ぐらい読めば一週間!

で読み終わります。

 

小説は読むけど、

あんまりビジネス書とか自己啓発本は読んだことない

そういう方には初めの一歩として読みやすいと思います!

   

  

あまりネタバレするともったいないので皆まで言いませんが

人は共感性、再現性、創造性の3つの才能があり、

 

どの才能が大きいかで

凡人、秀才、天才に分かれる。

 

ざっくりとした内容はこんなところです。

 

凡人には凡人なりの才能があるってことです!

 

終わりに

コロナウイルスで暇な方。

読書は気づいたら時間がたっているのでお勧めです!

 

私のおすすめも貼っておきますね、、、

よければ、、、

おすすめ本

See you next time!!

-book
-

Copyright© びっくうぃず。ぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.